​シャイコナ Blog

カフカズ・ロック/ニーチェズ・ポップ

12.13.2016

有頂天、27年ぶりのフルアルバムにして初の2枚組作品、ついに発売であります。
DISC 01「カフカズ・ロック」とDISC 02「ニーチェズ・ポップ」では、曲調もサウンドもまるで異なります。
歌ってる人が同じだから、かろうじて、二枚が同じバンドのアルバムだとわかりましょうが、もし「カフカズ・ロック」収録曲のボーカルを左とん平に差し替え、「ニーチェズ・ポップ」収録曲のボーカルを
谷啓に差し替えて聴いて頂いたら、きっと聴いた方の多くが、左とん平と谷啓のアルバムだと思うことでしょう。それくらい違います。
「カフカズ・ロック」の方には、私にとっての「これぞニュー・ウェイヴ」なエッセンスをこれでもかという程ぶちこませて頂きました。ありがとうございます。ニュー・ウェイヴってのは基本、暗いんです。ありがとうございます。
「ニーチェズ・ポップ」では若先生のシンセが爆発しております。コウさんの歌う、ライブではもはやお馴染みのあの曲も収録されております。ありがとうございます。
ローリング・ストーンズの新譜もよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

Please reload

​カテゴリー
Please reload

アーカイブ
Please reload